萩往還マラニック挑戦2回目メモ

すいません、自分の為の本当にただのメモ書きです。

【5月2日】夜
 業務終了後、帰省。事故渋滞で到着が遅くなる。

【5月3日】
13:00頃 会場の山口市・瑠璃光寺到着、受付を済ます
13:30頃 歩け歩けの部35kmにご家族で参加される健康一番さんから声を掛けていただく。明日再びコース上でお会いできる事をお互い願う。
14:30 山口県教育会館へ移動
 140kmの部2年連続1位で大会記録保持者の方の講演。「そんなトップクラスの人のお話だと私にゃ余り参考にならんだろな」と思っていたが、そこは流石にしっかり考慮されていた内容でひたすら感心しながら聞き入る。
 講演後は大会説明会。
17:30過ぎ スタート地点へ。やはり多くの方々が既に陣取っており、かなり後ろの方へ並ぶ。
 この日初めてお会いできたhiraokaさんも近くに並ばれてきた。萩の後は阿蘇にサロマ湖に立て続けにエントリーされている鉄人。どう考えても今回この方とご一緒できるのは最初だけでしょう。
IMG120509ho01.jpg
18:15過ぎ 第?ウェーブでスタート
18:30 2.3km スタート前の回数が不十分だったのか、早くも尿意が…JR山口駅のトイレへ
18:57 7.1km 椹野川沿い、矢原河川公園折返し
19:20 10.9km 県道21号線に戻る
19:53 16.0km 国道262号線入り
20:33 21.5kmエイド「しゃもじ」 トイレ・給水のみ
20:57 25.4km 地下道を通り国道2号線横断 県道54号線入り
21:10頃 27.5km付近? 既に折り返し後のhiraokaさんとすれ違い、エール交換
21:14 28.0km 天神入口交差点右折 今年もやはりここからしばらく信号にことごとく嫌なタイミングで引っかかる…
21:27 29.3km CP1エイド 英雲荘 折返し
21:56 33.2km 地下道を通り国道2号線横断 国道262号線入り
 今後エネルギー補給をどう行っていくか、手持ちの補給食をどのタイミングで使うべきかとか色々考えながら鯖山峠を上る
22:23 37.1km エイド「しゃもじ」 悩んだ結果今年はここの食券を使わない事にする
 うどんは魅力的ながらも、待ち時間と自分の食べる遅さを考えると…(タイムロス云々より、序盤のこの段階で座って足を止める時間が長くなる事は全体的な意味でよろしくないと思えて)
IMG120509ho02.jpg
22:42 39km うどんを我慢した代わりにコンビニで補給 ゼリー飲料とオレンジジュースを
23:09 43.2km 中国自動車道高架下 県道21号線入り
23:44 48.5km JR山口駅前
 時刻確認。今年はまだここでは日付が変わっていない。しかし、エイド2回を素早く立ち去った事を差し引いて考えれば昨年より特別ペースが上がっている訳では無いと判断。
23:51 49.6km エイド 山口福祉センター
 荷物受取 今夜は昨年程の冷え込みは無いと思い、長袖Tシャツ+アクシアンTシャツの装備でこのまま行くと決める。雨は…これ以上強くならないと信じていた、この時は(笑)
【5月4日】
00:00過ぎ 山口福祉センターを出発
 早速雨が若干強くなる
00:43 54.2km 天花畑
 往還道の本番の山道へ突入
 去年との違い…今年は私の前後に圧倒的に人が少ない。頼りの先行ランナーの点滅灯の光も無く、雨で石畳がもの凄く滑りやすくなっている中、自分が照らす灯りだけを頼りに進む状況が続く。
00:48 54.5km? 「真っ暗」とだけ書いてブログ更新
01:16 56.9km 板堂峠登り口 県道62号線入り
01:30頃 60km? 左大腿部外側辺りに張りを感じ始める これまで異変の起こった事の無い箇所だっただけに内心かなり焦る
 それまで自分の前を先行していた2人の方を気がついたら追い越していた。前方には誰もいない。「この先で左折して旧道へ入らないと行けないはずだけど、そのポイントを自分は見つけられるだろうか? 通り過ぎてしまったら後ろの人も巻き込んでしまうよ責任重大だ…」と更に焦る。この焦りで脚の張りの事が以後完全に気にならなくなる。
01:39 60.9km 無事地面の白線の矢印を見つけて左折
01:43 61.6km 国道262号線入り
02:04 64.7km 佐々並エイド 人のいる場所・灯りのある場所が何とも懐かしくありがたい…。
02:09 65.3km 旧道登り口 山道へ
02:22頃 66.5km? 前後4人くらいで進んでいたら、突然「あれ?どこかで道を間違えた?」と先頭の人。見ればT字路なのに矢印も案内表示も何も無し、というコース上であるとは考えにくい状況。どうしようかと焦るも、1人の方の「下手に戻ろうとするとかえって危ない。後続の人の灯りがどこかに見えてくるまでじっとしてましょう」という冷静な判断に従う。
程なくしてその言葉通り後続の灯りが見えて、コースに戻る事ができた。
コースを外れた原因は、まっすぐ進むべき道を傾いた茂みがちょっとだけ隠していて道が無いように錯覚させたかららしい…。夜の山道の恐ろしさを改めて感じる。
02:32 67.2km 国道262号入り
02:37 67.8km 旧道入り
02:49 68.7km 国道262号入り 釿ノ切峠
 国道の照明灯の灯りのある下、既に完全に濡れている状態ではあるが、何もしないよりはマシと考えここで大ポリ袋に穴を空けて簡易合羽にして着込む。これをしなかったら後々更に身体が冷えていただろう…。
 国道を進む。しばらくすれば一升谷への旧道への入り口があるはずだが…なかなか見えてこない。不安になり思わず後ろの人に「私、矢印を見落として無いですよね?」と尋ねる。とりあえずそこはそのまま進む。しばらくすすんだ先に立ち止まっている先行の人がいた。その人から出た我々に対しての言葉は「矢印ありませんでしたよね?」…同じ不安を抱えた人だった。不安は増したままだったが、矢印はまだ先にあるだろうと信じてやはり前進。
02:59 70.3km 旧道入口
 矢印発見。思わず「矢印ありました!」と叫ぶ
 一升谷の長い長い先が見えない下り
03:10 73km? 下の方に灯りが見えてきた。下りきった所の国道の灯りとはちょっと感じが違うので何だろうと不思議に思っていたら、エイドの灯りだった。立派なテントありの公式っぽいエイドだったので「今年は明木のエイドはここに移ったんですか?」と尋ねてしまった。熱いお茶と焼きたてのかき餅が本当に有り難かった。それ以前にこんな時刻のこんな場所でもてなして下さる事にただただ感謝。
03:27 74.5km 明木エイド 熱いお茶と明木饅頭を頂く。ここを含めた多くのエイドがこの天候を受けてしっかり温かい飲み物を準備して下さっている事に本当に感激。
03:46 76.6km 萩市街地へ抜ける前の最後の山道。これまでの山道のインパクトが強いためつい忘れがちだが、この道もかなり激しい
04:02 78.2km 道の駅「萩往還」…今回はここがエイドではないので裏の道を通りすぎるコース設定になっているが、トイレ利用のため道の駅入りする。トイレでは先客(大会参加者でなく、おそらく普通に自動車で立ち寄った道の駅利用者)にもの凄くビックリされる。
04:28 81.6km JR萩駅前
04:51 84.0km エイド JR玉江駅 ここで250kmの部のコースと合流。エイドで休憩されている方々の様子から250kmの壮絶さが伝わってくる…。
05:20 87km CP2浜崎緑地公園 今回からの新しいCPだけど…これは結構判りづらいかも。見落とした方も多かったかもしれない。
05:38 88.5km 国道199号へ合流
05:50頃 90.2km? hiraokaさんとすれ違い。あちらはもう101km辺りといったところか。
05:59 92.2km JR越ヶ浜駅前
06:14 93.0km 明神池
06:41 95.9km CP3エイド虎ヶ崎・つばきの館
 昨年懲りたカレーを我慢してうどんを選択。しかしうどんを食べる者はかなりの少数派…。カレー大盛りやビールを注文する方もいたりして、本当に恐れいりました(^_^;)
IMG120509ho04.jpg
07:26 98.0km 明神池
 昨年はここでダウンしたよな~と思いながら今回は普通に通り過ぎる
07:57 103.2km 無田ヶ原口
08:13 104.2km CP4東光寺
08:26 105.1km CP5エイド 陶芸の村公園 荷物受取
 今年からの新CP。東光寺からは僅かな距離だけれど、その道は激しい上り坂。それだけに萩市街地を見渡せる眺めは素晴らしい。
 待望の着替え。予備のアクシアンTシャツにアームウォーマーに。念のためポリ袋は裏返してそのまま使用。
09:07 107.0km 萩警察署前交差点
09:15頃 108.5km? 70kmの部参加の福岡クラブのMさんとすれ違い
09:21 109km 旧萩有料道路入口付近の信号機での交通整理の方(警察の人?)が往路の時からのそのまま同じ人だと気がついて繰り返しお礼を言う。
 エイド 村田蒲鉾店
09:44 112km 道の駅「萩往還」裏 コースが道の駅の外になっていながらも、応援の方や個人エイドの方がしっかりといらっしゃるのが嬉しい
 その中には、昨年の大濠壮年駅伝でアクシアンチームの助っ人として参加して頂いたNさんの姿が。「大濠の駅伝でお世話になりました」と声を掛けたらこちらに気がついて貰えた
10:10頃 115km? 名指しでの応援が。見れば下関のNさん。昨年は140kmで上位だった実力者だ。
「あれー?今回出られてなかったんですね?」
「来年は出ますよ」
「じゃ、来年はぜひトップを狙って下さい(笑)」
…勢いで結構無責任な事言ってるなあ、自分。
10:14 115.4km 明木エイド 再び明木饅頭
10:35 117km 一升谷途中のエイド 日が昇って明るくなった下で見て改めてこんな場所にエイドを設営してくれた事へ感謝の気持ちが湧いてくる。再び熱いお茶を頂く。
10:49 119km 一升谷八合目付近の休憩所…昨年、睡魔に勝てずに寝てしまった場所。今回は普通に平気に通り過ぎる。記念に?「小リベンジ」というタイトルでブログをアップ。
11:10頃 120.5km? 国道262号線沿いの釿ノ切峠にて私設エイド。野菜ジュースを頂く
 去年もここでエイド出されてましたよね、とお礼も込めて話しかけると「私もこの大会に出た事があるからこの辺りが辛いというのがよく分かるんですよ」と。…本当に有り難い(;.;)
11:15頃 121km? ウォークの健康一番さんとそのご家族に遭遇。非常に気遣っていただき、栄養ドリンクまで頂戴する<(_ _)>
11:49 125.3km 佐々並エイド 今年も豆腐が最高に美味しかった…!
IMG120509ho03.jpg
12:18 128km? ここにも私設エイドが。オレンジを2切れ頂く。こちらも萩往還経験者で、だからこそ後半のこの場所にエイドを設営された、との事。
 どこかのランニングクラブらしかったけど、クラブ名が分かるのぼりとかをちゃんと撮影しておけばよかった…。
12:49 130.7km 上長瀬のエイド 今年はこのエイドの名物の草餅が復活。私にとっては初体験の萩往還での草餅。今の自分には1個が大きすぎかな?と思うも美味しくて完食。これでラストまで保つエネルギーを得たと確信。
13:10 133.1km 山口市入り 板道峠登り口
 最後の山道へ突入。今回は、ここまで雨の影響での悪路で走り辛かった箇所が多かった事が結果的に幸いしたのか、脚のダメージも昨年程ではない。石畳の下り坂も「あいたたたた…」と声が出ながらもどうにか走って下る事ができた。
13:24 134.9km 一ノ坂建場・六軒茶屋跡 維新ランナーズさんのエイド 最後の給水。今年もオカリナ演奏が嬉しい。
13:31 135.8km 天花畑 最後の山道を抜ける
 気がついてみれば今頃天気が良くなっている。さすがにもう必要無いだろうという事でポリ袋を脱いでリュックの中へしまい込む。
13:52 139.3 木町橋北詰
 右折すると瑠璃光寺入り口が見え、多くの人からの「お帰りなさい」の声に迎えられる。最高に幸せな時間。
 公園入り口ではkamikamiさん、ぺこぱこさんが。そして、既にゴール後で着替えも済ませているhiraokaさんの姿も。
13:59 ゴール
 色々あったけど本当に嬉しい、満足のゴール
IMG120509ho05.jpg


17:00過ぎ 実家へ無事帰宅
 眠りたい欲望を我慢し、まずは洗濯。大変な事になっているシューズも当然洗う。
 あー疲れた。おやすみなさい。

スポンサーサイト

2012年05月09日(水) 01:05 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(4)

タグ マラソン レース

お疲れさまでした。
じっくりレースを振り返り、愉しみました。
それにしても遭難者が出ずに済んでよかったですね。山は本当に恐ろしいですよね。ちょっとしたことが命取りに。通常のロードレース、フルマラソンがプールでの競泳ならトレランやマラニックは離岸流やクラゲがいる海での遠泳と喩えられるかも知れません。
生きて完踏できてよかったと思います。

2012年05月09日21:04 hiraoka URL 編集

hiraokaさん、こんばんは。
お疲れさまでした。

本当に山は怖かったですね。今回書きながら改めてゾッとしました。
私は無事に完踏できた事そのものを喜ばねばなりませんね。

今回のようなコンディションで17時間05分で戻られたhiraokaさんは流石です。

2012年05月10日01:07 ちょろ合金 URL 編集

すごい、描写が細かい!
これで3年はしゃべれますね。(そんなに持たない?)
楽しく読ませていただきました。
やはり、夜というのが大変ですね~。
日の出がありがたいでしょう。

2012年05月10日23:18 うっちー URL 編集

うっちーさん、こんばんは。
ありがとうございます。撮影画像とGPSのログとコース地図を付き合わせてみると結構思い出せるもんですねー。
でも書くことはできても私はそんなに喋れないでしょう(^^;)

本当に忘れられない山の夜でした…。

2012年05月11日01:44 ちょろ合金 URL 編集












管理者にだけ公開する