スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タグ

嘉麻初参加邂逅

以前も書いた通り、電話で訊いて今回の大会開催を初めて確認できたという位、私にとってはこの嘉麻シティマラソンに関する事前の情報は少ないものでした。
それは、大会通知書が届いてからも変わらずで、コースとかその他ほぼ全部分からないまま大会当日を迎える事になりました。

そんな状況でしたので、受付を済ませて受け取った大会冊子の中にこの名前を見つけた時は嬉しかったですね。
IMG111130kcm01.jpg
 「招待選手」原田らぶ子さん
 記載の情報が微妙に間違っているのはご愛嬌

IMG111130kcm03.jpg

IMG111130kcm02.jpg


で、話は私のレースの最中の時に飛びます。
ラスト、会場まで無事戻ってきて残りトラックを1周すればゴールという状況で必死にラストスパートを掛けている中です。
ハーフの他の部門のコースは、会場への戻りの入り口が我々とは異なっていて、トラックを走っている途中で合流する形になっていました。
そして、その合流で私の視界の中に飛び込んできたランナーの中の1人…背中のゼッケン番号が「1」。
そう、原田さんでした。5キロの部に参加されていたのです。
なんたる偶然。
横に付いて併走したいところですがさすがにその欲望は抑え、ここでは市民ランナーとしての仁義は通す事にして、そのまま追い越してゴールしました。
その直後ゴールされた原田さんと握手を交わす事ができたので満足です。

実はこれがあったから、前回記事で書いた「自己ベスト近いタイムかと思いきや、ゴールしてみれば全然違っていた」ショックもそれほど引きずらずに早々に元気に戻れたんですよね(^_^)
ありがとうございました。

IMG111130kcm04.jpg

スポンサーサイト

2011年11月30日(水) 01:08 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ マラソン レース ラジオ












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。