スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タグ

下関雑記淡々と

本番当日、実家から始発電車で会場に乗りこみ、更衣室にアクシアン陣地設営。これは昨年と同じパターン。が、昨年と同じ時刻入りだったにもかかわらず、その時点での更衣室の多さが昨年と違っていまして、ちょっと苦労しました…。
この辺りからも、この大会の参加者数増加を実感しました。

IMG101110skm2.jpg

スタート地点ではアクシアンメンバー4人で一緒に雑談しつつ待機。フルマラソンのスタート前としては、これまでにない程リラックスしていたかもしれません。


5キロ過ぎた辺りからでしょうか。ゲストランナーの谷川真理さんに追い越されました。これ以降、特に意識したわけでは無かったのですが彼女の後方を走る状態が長く続きました。この方のゲストランナーとしてのサービス精神は素晴らしかったですね。特に折り返し後は、すれ違うランナーへ常に声掛けを続けられ、その度に周囲が大きく沸く様をずーっと目の当たりにできたのは貴重な体験でした。

18キロあたり、彦島へ渡る関彦橋の下をくぐる辺りで、3時間ペースランナー率いる集団に吸収されました。
ペースランナーの方は後ろにつく方々に絶えずアドバイスを送られていたみたいです。
「これから彦島トンネル・彦島大橋と上りが続きますが、ピッチ走法を心がけて無理はしないで下さい。ここまで余裕を持って来てるので大丈夫です」というアドバイスが印象的でした。
「この集団に喰らいついていけば…」という考えも僅かに抱きましたけどね。徐々に徐々に、少しづつ少ーしづつ引き離されて行きましたよ(-_-;)
余談ですが、この集団の中にはキレンジャー風の仮装の方も。沿道の応援の子供にも「キレンジャー頑張れー!」と声援を貰っていました。
その声を耳にした私は「昔のキャラクターなのに凄いなー、小さな子供でもキレンジャーって知られてるんだ…。ま、あくまでこの人は“キレンジャー風なキャラ”であって、キレンジャーとはちょっと違うんだけどな…」
と本当にどうでもいい事を考えながら走っていました。
更に余談ですが、後にこのキレンジャー風な人を私は終盤で追い越すことになりました。やはりキレンジャー風コスプレでサブスリーは厳しそうです(^^;)


前回書いたとおり、私はこれまでになく前半に突っ込んだ走りをしました。後半がハードなこの下関のコースで…。
当然辛かったのですが、大会スタッフの方々・沿道の応援の方々に大いに助けられました。ありがとうございました。また来年も参加します。
IMG101110skm1.jpg

スポンサーサイト

2010年11月10日(水) 01:20 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ マラソン レース 戦隊












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。