ビーキャス・アタック

昨日1月3日、年始休み最後の日。
実家のテレビがもう限界との事で、新しいテレビ+レコーダーのお買い物にお付き合いしました。
何とか当日中に新しいテレビでの視聴が可能な状態になってホッとしております。

とにかく苦労しました。親には親なりの要望があり、それに関してどう説明していいのやら…。自分自身地デジに関して余り興味持っていなかったので知識も中途半端ですし。


地デジという言葉で私がまず思い出すのは、かつて放送された『ケロロ軍曹』の1エピソード。
…サブタイトル確認してみました、
第264話「ケロロ 宇宙デジタル怪獣襲来! であります」
昨年観た番組の中では私の中のベストな1本かもしれない。

ありがちな地デジ推進エピソードかと思いきや、実態は皮肉や批判たっぷり…。
「さらに! こんなにカッコいいカードも付いて、 お得であります!」
「おー! なんのためかは分からんが、 ピカピカ光ってステキじゃないか!」
なんてのは名台詞でありますな。
紙媒体のマンガでなくテレビ番組でこれをやるって物凄い事かも。



こんな私の思いはどうでもいいとして、無事起動した新しいテレビの映像が想像していたよりも綺麗だったという事で親が喜んでいたのは良かったかなと。
やはり私みたいのはともかく、親の世代はちゃんとテレビが観れる環境じゃないとね。

スポンサーサイト

2010年01月05日(火) 00:46 | 特撮・アニメ・マンガ | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ アニメ












管理者にだけ公開する