スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タグ

海響マラソン、レース雑感編

・スタートはAブロックから。ビッグバン小倉RCの皆さんが集まっていた結構前の方に自分も陣取ってスタートを待つ。 バイオレンス侍さんから「もっと前に出ましょう!」と強く誘われるも、流石にその度胸がなくて丁重にお断り。

・スタートを待つ間に、ドラもんキャプテン、ソリマチ&ミウミウご夫妻、うっちーさんの応援。うっちーさんの「自分のレースをして下さい」の言葉にリラックスできて物凄く力を頂いた。

・午前9時、スタート! あれだけ固まっていた知り合いの方々もあっという間にバラけてしまって、殆んどの人の位置が把握できなくなる。

・序盤のコース関門海峡沿い、風も無くて景色を楽しむには最高の条件ながらも私にはその余裕なし。ペースはこれでいいのか?とひたすら自分との戦い。そういえば、関門橋の下をくぐったという意識が全然無かったような…。

・6キロ過ぎて最初の折り返し。自分より先行するランナーで確認できたのは侍さんのみ。私より前に出ていてもおかしくないteamドMのたつさん・たかおいちゃんさん・腹ぺこさんたちはそれぞれの理由で万全でないためか私より後ろの方に。そして「気になるランナー」dorakuさん・もりもりさん・つよしさんの3人が結構固まっている事を知る。「これは中盤・終盤に3人揃って私に追いついてくる展開もアリか? 気が付けば3人が自分の周りにいて『追いついたぜ!』『引導渡してやる!』『すっこんでな!』とか言われる場面も想像しとかんといけないか?」とか考えてみる。

・14km地点付近のソリマチ&ミウミウご夫妻の鳴り物?応援に思わず顔がほころぶ。

・16km~19km、関彦橋・彦島トンネル・彦島大橋と景色の変化・アップダウンも多くなり、徐々にラップタイムも下がり、焦る。

・彦島大橋付近では、自転車を駆使して先回りしていたドラもんキャプテンの応援に力を貰う。

・彦島大橋を過ぎてもゆるやかにアップダウンは続く。ひたすら我慢。なるべく「あと残り距離○キロ走らないといけない」という意識を持たないように!

・北西側の折り返し地点・人工島が近づいて、トップランナーたちが擦れ違いで見えてくる。侍さんを探していると「チーム侍」と書かれたウェアを着た人が。「この人に今『侍さん!』と声を掛けたら変な顔されるだろうな…。そもそも自分、侍さんに対して『侍さん』と言ったこと無いし。基本的に本名で呼んでるもんな」等とどうでもいい事を考えている間に侍さんと遭遇。

・人工島の折り返し地点は下り坂の途中にアリ。隣にいたランナーさんが「こりゃあキツイわ~」と思わずつぶやいたので私も思わず「これは脚にきますねー」と返す。

・折り返し後、teamドM・ビッグバン・クラブランザ他色々な知り合いの方と擦れ違い。先ほどの侍さんもそうだったが、ここで知り合いと出会えるのが嬉しくて仕方なかった。ひたすら知り合いを探す事で苦しさが紛れたおかげでこの辺りのコースは乗り切れたと言える。本当にパワーを頂いた思い。

・彦島大橋辺りまで戻って来た所にソリマチ&ミウミウご夫妻が。こんなところまで移動されていた事に驚きつつ、その応援が再び自分へ力をくれる。

・32km付近で一旦彦島道路を下りて南風泊港方面へ。携帯してきたカーボショッツの最後の1個をこの辺りで使用するか迷っていたところ、自分の目の前のランナーさんが全く同じカーボショッツを手にして封を開け始めた。何となく私もそれにつられてしまい慌ててカーボショッツを使用。主体性なしの自分(笑)

・南風泊港で最後の折り返し。やはりここでも知り合いとの擦れ違いで大きなパワーを頂く。そちらに気を取られすぎて、距離表示に気が付くのが遅れて大いに慌ててしまう。

・彦島道路へ戻る上り・鋭角なカーブ、ここが想像以上の最後の難所だった。結構やられてしまう。しかしその直後の彦島トンネルに突入すると緩やかな下りになり、徐々に復活。スタッフの方の応援に応えたり、「あ、往路だった反対側車線は撤収作業中だ」とかどうでもいい事に気がつく余裕も出てくる。

・彦島トンネルを出る。気が付けば残り5kmを切っていた。

・徐々に沿道の人が増え、風景の変化も申し分ない感じ。当初は少々の疑問も持っていたこの大会のコースもここまで来てしまうとイイ演出のされたコースだと思えてしまう不思議。

・ただ、下関裏付近からの残り約2kmがちょっと長く感じられてしまった…。この辺は自分のリサーチ不足のせいでもあるけど。

・この辺りになると後ろから追い越される事が殆んど無くなる。が、ただ一人凄い勢いで追い越していったランナーさんがいて印象的だった。そのラストスパートぶりに感心。

・12時06分、感激のゴール!
IMG081120skmp1.jpg

IMG081120skmp2.jpg
RUNNETの写真サービスさん、ありがとうです。

スポンサーサイト

2008年11月20日(木) 01:35 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(8)

タグ マラソン レース

普段バカな私と違って激しいアクションを起こさない、ちょろさんが

「感激のガッツポーズ!」

満足感イッパイのフィニッシュでしたね!

2008年11月20日07:26 腹ぺこ URL 編集

ほんまじゃ!
かっちょいい!!

私も来年は、笑顔で、、。

2008年11月20日11:38 たかおいちゃん URL 編集

「ランナーズ」デビューおめでとうございます!
http://runnet.jp/news/main.php?_num=155

2008年11月20日12:36 うっちー URL 編集

こんばんは
臨場感溢れるレポートにドキドキしながら読み進めました。

チーム侍の方は新撰組のようなウェアでは?僕が今年のいぶすきで競ったサブスリーランナーさんですよ。

本業は自転車らしいです。

しかしあちらのお侍さんの誘いに乗らなかったのは英断ですよ

2008年11月20日22:29 ふくまーち URL 編集

腹ぺこさん、こんばんは。
いつもはもう少し控えめなんですけどね…。写真で見たら思ったより腕の動きが大きかったので自分でも驚いてしまいました(笑)

2008年11月21日01:31 ちょろ合金 URL 編集

たかおいちゃんさん、こんばんは。
そうですね、来年は是非一緒に笑顔で!といきましょうねー。

2008年11月21日01:34 ちょろ合金 URL 編集

うっちーさん、こんばんは。
いやー、驚きました。
これもあの時うっちーさんたちと一緒にいたからなんですよねえ(^^)

2008年11月21日01:36 ちょろ合金 URL 編集

ふくまーちさん、こんばんは。
そうです、そんなウェアでした。なんと、こちらの侍さんともふくまーちさんにはそんな縁が!

ブシドーな侍さんはスタートでは離れたものの、レース前後通じて今回非常にお世話になりました。次のあのお方の活躍が楽しみです。

2008年11月21日01:42 ちょろ合金 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。