スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タグ

芸術工房 夢・幻 追記

前回「舞台ならではの衣装を纏った姿を拝めて良かった」と書きましたが、特に奥田智子平川尚子の両女性アナウンサーが良かったですねー。
奥田さんは艶やか・華やかでしたし、平川さんは着物姿、その後のTシャツ・ハーフパンツ・キャップの少年風な姿が共に私には眩しく映りました。

男性陣…、
逸見さんの山笠の水法被姿に比べ、宮本さんは衣装自体は一番地味めでした。
しかし、じっと座り込んでいる姿は存在感抜群でしたね。
…でも、前日の「ゲバゲバサタデー」でのやり取りを聴いていたせいか、今にも宮本さんを笑わせる為だけにナカジーが側から登場してくるような錯覚に陥りそうでしょうがありませんでした。

スポンサーサイト

2007年03月27日(火) 01:58 | KBCラジオ | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ ラジオ












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。