スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タグ

萩往還マラニック挑戦7回目メモ

IMG170510ho00.jpg
最後のチェック

今回の萩往還挑戦の記録と記憶のただのメモ書きです。



【5月2日】
10:05頃 山口市の瑠璃光寺到着、松籟亭にて受付。
13:00 山口県教育会館にて、ウルトラマラニック講習会。
15:00 説明会。終了後チェックシートを受け取る。2年ぶりの横長のチェックシートを手に緊張。
16:55頃 長州庵前にて食券を使ってうどん。スタート前の最後の補給。
17:35頃 スタート地点へ。
18:18 第?ウェーブでスタート。
18:33 2.3km 山口駅前。
19:39 13.2km 上郷駅前エイド。
20:37 21.8km 湯ノ口エイド。
 一生懸命にお手伝いしているお子さまたちが微笑ましい。親御さんから「大きな声出して!」と促されて、ちょっとヤケ気味な発声になってしまって結局注意される…という流れが可笑しくて癒された、ありがとう(^_^)/
21:20 27.8km 下郷駐輪場エイド。
21:53 32.0km 美祢高校前エイド。
 暑い夜。でも2年前の方が暑かった、あの時はここの飲み物がほぼ売り切れだったな…としみじみ思い出す。
 ここでもお手伝いのお子さまの健気さに心打たれ、この子のお世話になろうと飲み物をリクエストするとその子の担当はコーラ。自分のカフェイン解禁が予定よりちょっと早まったけどまあいいか(笑)
23:32 44.0km 西寺交差点エイド。素麺が美味しい(^_^)
23:55頃 44.3km辺り エイド出発直後、忘れもしない県道267号に入った辺り。
 右足首外側上部辺りに違和感を感じ始める。これから痛みへと変化しそうな違和感。
 「今日この日に!? この段階で!?」とにかく今痛いわけではないので、これが治まってくれることを信じてそのまま進む。
【5月3日】
01:32 58.7km CP1豊田湖畔公園。
02:58 67.1km 俵山温泉エイド。三猿饅頭。
04:45 79.8km 新大坊エイド。湯豆腐、フルーツが本当に美味しかった。
05:15頃 81.4km辺り 国道191号を右折する信号付近で参加者2名の非常に残念な行動を目撃しとても悲しい気持ちになる。
05:48 86.9km 海湧食堂エイド。胃にやさしいおかゆ(^o^)
06:02 87.1km CP2油谷中学校跡。
 荷物受取。着替。
08:07 98.5km CP3俵島。
09:37 107.8km CP4川尻岬(沖田食堂)。カレーライス。
11:21 117.8km CP5立石観音。
12:10頃 121km辺り
 千畳敷へ向けての長い上り坂。話題の元乃隅稲成神社目当ての渋滞。事前に説明会で聞いていたものの、想像を遥かに超える車の列が延々と続いている…。
12:23 122km辺り
 私設エイドが…!この渋滞ではこの辺りのエイド設営は厳しいだろうと思っていただけに物凄く嬉しい。聞けばかなり早い時刻から待機して設営されているとの事…本当に感謝しかないm(__)m
12:58 125.4km CP6千畳敷。
 風はちょっと吹いているけれどいいお天気。2年前は寒さで断念したソフトクリーム。芝生の上で横になる。最高にいい気持ち。
14:04 131.2km 日置エイド。
 お子さまたちが用意してくれる最高に美味しいカップ麺。暑さも厳しくなってきているのでかかり水。
16:37 144.6km CP7湯本温泉。
 ここの折返し後しばらくすると延岡市より参加のNさんとすれ違う。
 その時掛けられた言葉は「足痛いの?」
 どうやら走り方の見た目から分かるレベルの痛みのようだ…。
18:00 152.2km 仙崎公園エイド。
 ここから青海島へ。すっかり2年前の記憶から抜け落ちていた…青海島突入後の峠ってこんなにえげつなかったんだ…。
19:10 158.8km CP8静ヶ浦キャンプ場。2回目のカレーライス。
 どうにか真っ暗になる前に到着。
 食事をしながら周囲から聞こえてくる会話に悲壮感…というと大げさだけど完踏を前提としていない感じのものが全体的に多かった…。
20:37 164.4km 仙崎公園エイド。
 ここから宗頭まではほぼひとり旅。当初後方から聞こえてきていた足音もいつの間にか無くなっていた。
 暗く長い長い道をひとりただ前進する中で色々考える。やはり気になるのは足の状態。このまま続けていいのか?ずっと問い続けている。
 一方で完踏を前提として2年前のようにならない為にどこで仮眠を取るべきか?を本気で検討し続けてもいた。
 そんな中、小石か凹凸かで足を取られて右足に更に痛みが。決定的に痛めた訳ではないのでそのまま走る。が、以降「これで一升谷を走ったら自分の足は壊れるのでは?」という考えが頭から離れなくなり…これが結果的に自分にとどめを刺した形に。
 …しかし、今振り返ってみればこの時自分が想像していたのは250kmには存在しない「一升谷の下り」だった…やはり既に思考力もどうかしてたね(笑)
22:45 176.2km 宗頭文化センターエイド。
 食事をしながら考える…このまま完踏できたとしても足は無事では済まない。
 リタイアを決断。
 …したものの往生際悪く一旦入浴してまだぐずぐずと考える(笑)
23時台 スタッフの方にリタイアを宣言してタグを返却。
 体育館の仮眠スペースにて毛布に包まって就寝。本来走る為に準備していた着替えの恰好で…。
【5月4日】
06:00頃 起床。
 前夜と同じメニューを朝食として提供して頂けてありがたい…(T_T)
 携帯に70kmの部参加のクラブの仲間からメッセージが入っていた。リタイア決断の時刻が遅かったのでその時の報告は控えていたのだけど、どうやら自分のツイートをチェックしてくれていたらしい。「勇気ある英断、間違っていない」の文に慰められる。
 お隣の酒屋さんへ。ここは萩往還に合わせて毎年厚意で深夜営業されているらしい。
 「まだ温まってない」と言われたけど構わず購入した缶コーヒー。コーヒー断ちを続けてきて今回はこんな形での解禁…ぬるいけど美味しい。
07:50頃 バスにて瑠璃光寺へ向け出発。直後に通った藤井商店CPを思わず凝視。
08時台 瑠璃光寺到着。
 一通りの後片付けを済ませ、あとはゴール付近にて待機。
 戻ってくるランナーを迎える。当初こそこういう形で戻ってこれなかった自分自身への悔しさが頭を過ったりしたけど、それはすぐに無くなった。「おかえりなさい」、拍手、ハイタッチで完踏者と接するうちに自然な笑顔になっている事が自分ではっきりと分かる。元気を貰うとはこういう事なのか。
13時台 70kmの部参加のクラブの仲間が戻ってきた。これまでにない気持ちの込った力強いハイタッチに感激。
 同行の仲間は全員無事完踏。
 山口市を後にする。さらば萩往還。
19時台 小倉にて打上げ。お疲れさまでした!
スポンサーサイト

2017年05月10日(水) 00:27 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ マラソン レース












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。