いぶすき菜の花マラソン、初めての仮装烈火大斬刀

初めてのフルマラソン挑戦だった2006年のいぶすき菜の花マラソン。その10年後の記念として私が同じいぶすき参加で選択したのが仮装ランでした。

まずはキャラ選択。
特撮オタクとしての自分の好きなキャラ、現実的な衣装調達の問題等から色々検討した結果、『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンレッドに決定。

そして準備。
ネットでシンケンレッド(風な)コスプレ衣装を購入。見た目的には首から下はこれでほぼOK。
問題はマスク部分。
一応衣装には布製マスクが付属しているものの、できればもうちょっと本物に寄せたい。
検索し、コスプレで戦隊や仮面ライダーのマスクを自作されている方々の製作方法を見てみる。100均の物で作れるよ的な事も書かれていて、よし自分もと試してみようと思うも…断念orz
不器用な自分にはハードル高過ぎでした。

苦肉の策として選んだのが以下の方法。
トイザらスで見つけたアイアンマンのお面。大人の顔も隠れる位の大きさです。(対象年齢15才以上と書かれてあった)
IMG160118in01.jpg
これを赤く塗装して…。
IMG160118in02.jpg
自作した「火」の字ゴーグル部分を貼り付けて、お手軽シンケンレッドマスク…というかお面完成。
IMG160118in03.jpg
ゴーグル部分は100均のevaシート製。ゴーグルの黒色と縁の白色はビニールテープで再現。
これだけだと後頭部剥き出しなので、赤色の目出し帽でカバー。
また、アイアンマンの口の部分が目立つので(このままだとパワーレンジャー版っぽい)赤色ビニールテープで隠す。
IMG160118in04.jpg
こうして今ひとつなシンケンレッドの仮装完成です。

今回の仮装の件は誰にも話す事無く秘密裏に進めてきました。(ちょっとだけ匂わすようなツイートはしてましたが(^_^;)
IMG160118in00.jpg
本番前夜、宿泊部屋にてゼッケンを付ける際に確認の為改めて一通り装着してみます。
この段階で初めて同室のふくまーちさん達に「明日はふざけた格好で走ります、ごめんなさい」と告白です。
IMG160118in05.jpg
頭が大きくて頭身が低い…。そして足がだぶだぶでタイツ生地がほとんどフィットしていない…特に膝から下。
この辺の影響で見た目がシンケンジャーの志葉丈瑠が変身したシンケンレッドというよりは、海賊戦隊ゴーカイジャー第2話登場の中学生の少年が変身したシンケンレッドのような雰囲気になってしまいました。中身は40代のおっさんだというのに(^_^;)

1月10日、いよいよいぶすき菜の花マラソンの本番当日です。
IMG160118in06.jpg
宿泊先の部屋にて着替え、スタート地点へ。
首から上はスタート前に改めて装着するとしても、この姿でホテル内とかを移動するのは他の方々にとっては異様な光景だったでしょう。
「スタート地点までは一緒にいてください(お願いだから私をひとりにしないで)」とふくまーちさん達に懇願(^_^;)

スタート地点横にて。
IMG160118in07.jpg
クラブアクシアンの基本色である青色とは全く異なる赤色の姿で走る事を黙認して下さったクラブアクシアンのふくまーち代表さんには感謝です…というか特に許しを請うた訳でもなく騙し討ち強行みたいなものでしたが(笑)

そして午前9時、スタート。

初めての仮装ランでの懸念だったのが視界の狭さですね。
IMG160118in08.jpg
覚悟していたとはいえ実際走ってみると怖い怖い。周りが見え辛くて自分を追い越した人が突然目の前に現れるように見えて驚いてしまうんですよ。更には小柄な人は全く見えない場合も…。
とにかく主に音を敏感にキャッチするよう心掛けて周りの状況を判断するように。どうしても横への移動が必要な場合は、お面を上にずらしてから後方確認した上で、等気を付けるようにしました。

あとこれも覚悟済みだったけれどやはり辛かったのが呼吸です。
とにかく息苦しい…途中から目出し帽の目の穴を口のところまで無理矢理広げて凌ぎました(^_^;)

次は嬉しかった事。
昨年3月のはるかぜマラソンで見掛けて以降Twitterでもフォローさせてもらっていたキュアプリンセスの人にコース上でお会いできた!
IMG160118in11.jpg
(↑参考画像)
スーパー戦隊とプリキュア、ニチアサの仲間がいぶすきでも競演(^_^)/

また、序盤のコース左側の沿道に何と「照英」氏の姿が。
どうやらこの大会のテレビ番組の収録で応援としての出演だったらしい…。それにしても、シンケンジャーの仮装で走っている時に戦隊OBである氏に遭遇できるとは何たる偶然、何たる幸運。
しかし残念ながら、その時の私の位置が左端まで遠くてハイタッチが出来なかったのです…。
今回の大会参加の中で一番の心残りかも。
ああ、ハイッタチしながら「ギンガブルー先輩!」と叫びたかったなあ(T_T)

仮装ランという事もあって沿道から数多くの声援を頂きましたm(_ _)m
ただしシンケンジャーは放送終了から6年近く経過している作品なので、ずばりのキャラクター名で応援してくれる人はそんなにいないだろうなとは思っていました。
以下、私が呼ばれたのを覚えている限り挙げてみますと…
ニンニンジャー
…予想通りというかやはり一番多かった。何といっても現役の戦隊ヒーローだし、和モチーフという共通点があるのが大きいか。
仮面ライダー
…意外とこれが多かった。自分からすれば当然全くの別物なんだけど…変身ヒーローとしての「仮面ライダー」ブランドの強さを思い知った次第。
アカレンジャー
…これも予想していたけれど、仮面ライダーより少なかったのは不思議な気がする。
ウルトラマン
…流石にこれは少なかったものの…ライダーと同じくブランド力を感じた(・ω・)
忍者部隊月光
…ネタじゃないです(笑) 1回だけ年配の方に本当にこう呼ばれました。
他に、
凄いカッコいい大丈夫?前見えてるの?…等々この姿で走っている事に素直に感心して頂いての声援も。
また、
同じく走っているランナーの人から「松坂●李ですか?」と捻りを利かせた声掛もありました(^_^;)
もちろん、「シンケンジャー」「シンケンレッド」と呼んでくれる人たちも多かったですよ。
中でも、ぜんざいエイドの呼び込みの子供たちが走って追いかけて、「シンケンレッド~!、ぜんざいいかがですか~!」と一生懸命言ってくれていたのが印象的でした(^.^)


以上のような感じで、私の初の仮装ランは暖かい声援もあって楽しく無事に終える事ができました。
IMG160118in09.jpg
反省点を挙げるなら、「初めて」の不安から無事に戻る事ばかりに気を取られていたかな、もうちょっとゆっくりとコースを楽しむ余裕があっても良かったかな、ということでしょうか。

改めましていぶすき菜の花マラソンの大会関係者、応援いただいた皆様、すべての方にお礼申し上げます。
お世話になりました。ありがとうございました!
IMG160118in10.jpg

スポンサーサイト

2016年01月18日(月) 00:48 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(2)

タグ マラソン レース 特撮 戦隊

コスプレランナーを見るたびにウェアの速乾性やマスクの通気性が気になっていましたが、視界の狭さがネックだったとは

のぶたろうサンも、あきた100kmでコスプレランしてくれないかなぁ。

2016年01月29日11:36 の・秋田米 URL 編集

の・秋田米さん、こんばんは。
いやー、今回は雑な手段ながら見た目重視のため視界確保まで手が回らずに苦労しました(。-∀-)

他メンバーには…おススメできないです(少なくとも私のやり方は^_^;)

2016年01月30日19:00 ちょろ合金 URL 編集












管理者にだけ公開する