スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タグ

萩往還マラニック挑戦5回目メモ「さあ、お前の距離を数えろ!」

萩往還250km初挑戦、何時何処で何がをとりあえず記しておくのだ(・ω・)ノ

【5月2日】
09:50頃 山口市の瑠璃光寺到着。
10:05頃 松籟亭にて受付。記念にTシャツとマグカップを購入。
12:30頃 一通りの準備完了・昼食。
13:00 山口県教育会館にて、ウルトラマラニック講習会。
講師のひとりが以前練習会等でお会いした事もあった、ゆきひろ父さんだった。この方を初めとする5名の方々の講演はとても面白かった。順位というものを結構気にされる人が多い事が私にとってはちょっと意外だったかな。(達観されている方は順位なんてものは気にしない…私の勝手なイメージですね。ま、何度も何度も参加していればその辺りも大事な楽しみの一つになってしまうのかな)
14:40頃 講習会終了。この後引き続き15時より説明会だが、このまま会場に居続けたらスタート時刻までの携帯電話の充電の時間が足りなくなる事に気が付いて慌ててモバイルバッテリーを車まで取りに戻る。(最初から持ってっときなさいよ>自分)
15:00前 再び会場に戻り、ここで初めて大切なチェックシートを受け取る。昨年までの140kmのそれとは明らかに異なる長さ(チェック箇所の多さ)を目にして改めて緊張。
15:00 説明会。
17:25頃 長州庵前にて食券を使ってうどん。走る前の最後の補給。
17:35頃 スタート地点へ。
18:17 第?ウェーブでスタート。撮影に気を取られて時計のボタンを押し忘れる(^_^;) 200mくらい進んだ辺りで慌てて押す。
18:32 2.3km JR山口駅前。
19:20頃 11km辺り ずっと椹野川沿い。日も落ちて暗くなってくる。
19:42 13.2km 上郷駅前エイド。飲み物はコーラ以外売り切れ。あんぱんを頂く。
19:54 14.4km かつら橋。私設エイドが…なんともありがたいタイミング。お茶を頂く。
20:47 21.8km 湯ノ口エイド。お子さまの一生懸命な「おにぎりいかがですかー」の声が微笑ましい。kamikamiさん・ぺこぱこさんの応援を頂く。
21:22 25.9km 小田長谷分岐、自転車道へ。蛙の合唱が凄い。
21:39 27.8km 下郷駐輪場エイド。パンやバナナを頂く。
22:12 32.0km 美祢高校前エイド。何とお茶やお湯以外の冷たい飲み物が売り切れ。「こんな事は初めて」とボランティアの方も戸惑われている様子。やはりこの日の夜の暑さは異常…。この先のエイドでも品切れはあり得るのかなと不安になる。
23:00 37.5km辺り 先のエイドでの動揺を抑える意味も込みで、自販機で缶コーヒー。先客の方と「暑いですね~」と実感の込もった挨拶を交わす。
23:57 44.0km 西寺交差点エイド。素麺が美味しい(^_^)
【5月3日】
00:50頃 50km辺り 下り坂が続く。近くのランナーさんから「ここで脚を使うと後で持たなくなるよ」とアドバイス。会話を続けた後、最後に「大丈夫。この時間にこの場所なら完踏できるペースだよ。…寝る時間は無いけどね(笑)」今思えば最後のは冗談か。結構真に受けたんですけど(笑)
02:05 58.7km CP1豊田湖畔公園。西寺交差点からここまで異常に距離が長く感じられた…。今後は少なくとも次のエイド・CPまでの大まかな距離くらいは把握してしっかり頭に入れておくべきだと反省。改めて大会地図に目を通すと、このエイドの通過の目安として記載されている一番遅い時刻は「2:35」…「やはりさっきの人の言葉通りかなりペースが遅い!?」と焦る。(関門時刻自体は3:30なので余裕はあったのだけど…この時はその確認まで至らないほど慌てていた)
初めての食券利用。うどん、おにぎり、桜餅全て問題なく腹に入った(^_^)
03:25 67.1km 俵山温泉エイド。名物・三猿饅頭を頂く。中学生の子たちの対応が気持ち良い(^^)
04:46 76.4km 大坊ダム。この辺りから僅かに雨が降り始める。
05:13 79.8km 新大坊エイド。到着の少し前辺りから空が明るくなってくる。寒くなかったけど、湯豆腐が本当に美味しかった(^.^)
06:23 86.9km 海湧食堂エイド。説明会での情報通り今年のここの食事は牛丼(^o^)
06:28 87.1km CP2油谷中学校跡。ここで初めて収容バスを目にする。この後色々大変な目に遭った自分だけど収容バスに乗るという発想を1度も抱く事は無かった…これだけは胸を張って言える(・∀・)
荷物受取。着替え。例によって時間がかかる。左親指内側に肉刺ができていた…経験が少なくて対処法を良く知らないので後にこれに苦しめられる事に(+_+)
出発しようと外へ出てみると雨が本降りに。ウィンドブレイカーを着込む。萩往還で過去何度も寒さにやられていた自分、今回の為に雨着兼防寒着として結構良い値段の物を思い切って購入していた。「前夜の暑さを思えばオーバースペックだよな、失敗したなあ~」と、この時は思ったけど…後にその考えが間違いで装備選択は決して誤りでなかったと思い知る事に(=_=)
07:40頃 92km辺り 雨があっという間に止んでしまったので上を脱いで腰に巻く。この後、着たり脱いだりを何度も繰り返す事になる。
08:34 98.5km CP3俵島。
08:55頃 101km辺り 俵島周回終わり辺りの道の真ん中に赤色のウインドブレーカーが落ちていた。どう考えても大会参加者の落とし物。見て見ぬふりをするわけにもいかず、拾って片手に持って走る。「…もしかしたら、次のエイドまでこの状態で走らないといけないのか?」と不安になる。
…と思っていたら10分もしないうちに追い越した人から「それ僕のです」と声を掛けられて無事に引き渡す事ができた。物凄く喜んで貰えたし、この後の天候の事を考えたら、スタッフの方を介さずに直接本人に戻って本当に良かった(^^)
09:25 103.7km 農協前のYショップ。コーラ購入。
10:00 107.8km CP4川尻岬(沖田食堂)。押し方が甘くてチェックシートのパンチが不完全に…。スタッフの方に相談して、下にずらして押し直す。危なかった…(゜_゜;)
食堂内は人が多かったので、外のベンチで海を眺めながらカレーを食べる(^-^)
10:47 111km辺り 棚田と港町と海を見下ろせる景色が素晴らしかった。
10:55 112km辺り 川尻漁港。
11:42 117.8km CP5立石観音。
11:54 120km辺り 雨が強まりウィンドブレイカーを着込む、もう何度目になるのか分からない。今回の雨は千畳敷を過ぎるまで弱くなる事は無かった…。
13:07 125.4km CP6千畳敷。下見の段階で覚悟はできていたとはいえ、先のCPからのこの8キロ足らずが本当に長かった…(+_+)
そして到着した瞬間、進行方向から突風が。もうこれはその先の絶景とかソフトクリームとか言っている場合ではない。ここに留まる事は明らかに危険と判断。チェックを済ませて早々に立ち去る。
少し離れた場所にあるトイレに向かうと、寒さを避けて中で待機している参加者の方が数名。後から考えたら、リタイヤ決断されての収容バス待ちだったんだろうなあ。
14:04 131.2km 日置エイド。「あと半分」の文字、子供たちのもてなし、子供と責任者(先生?)とのやりとり、温かいカップ麺、等々全てが千畳敷でのダメージを癒やしてくれる気がした。
14:48 134.0km 黄波戸漁港前。
15:04 136.4km 境川。国道191号線へ。
15:10頃 138km辺り 車がビュンビュンと走る通り。轍の水はね攻撃を何度かモロに喰らう(T_T)
15:36 140.1km 正明市。国道316号線へ。140キロ超え、遂に自分にとっての未知の領域へ突入。
15:55 142.2km コンビニへ。初めて支払いで紙幣を使用するが、財布の雨対策が甘く全て濡れていた…。店員さんは笑顔で「大丈夫ですよ」と言ってくれたがやはり申し訳なかったなあ(._.)
16:22 144.6km CP7湯本温泉。
17:08 149.1km 正明市。国道191号線へ。
17:44 152.2km 仙崎公園エイド。
17:55 153.5km 青海島へ。
18:38 CP8静ヶ浦キャンプ場。2回目のカレー。胃はまだまだ大丈夫(^^)v
食事の間に日も落ちてきたので、ヘッドランプと点滅灯を再セッティング。
19:52 164.4km 仙崎公園エイド。
20:33 168.5km 浅田小学校前。
22:05 176.2km 宗頭文化センターエイド。
昨年の隠岐の島ウルトラマラソンで走った時に少しお話しした方を見掛けたので挨拶(この方のブログには萩往還の250kmの対策が詳細に書かれていてとても参考になった。その事に関してもお礼を述べる)
荷物受取。着替。食事。歯磨き。右足親指の同じ場所にも肉刺ができていた(T_T)
仮眠はしなかったものの、例によって色々と手間取り結局1時間近くここに留まってしまっていた。
23:03 宗頭文化センター出発。
23:33 179.5km CP9藤井商店。ここから左折して山道を上り再び191号線を目指す。この道、萩で勤務していた頃に抜け道として教えて貰った事があったが正直2度と通りたくないと思っていた…まさかこういう形で自分の足で通る日が来るとはねえ…。
この辺りから、電柱の縦縞虎柄の黒の部分に謎の文字が浮かび上がって見えるような気がして何度も見直してしまうようになる。これも幻覚の一種か?
【5月4日】
00:01 181.6km 191号線入り。
00:13 182.7km 鎖峠。
00:33 183.5km辺り 何とも嬉しいタイミングで私設エイド ヘ(^o^)/
01:13 188.6 CP10三見駅。ここからは判りづらく寂しく怖い道が続く事もあり、玉江駅までは6人くらいの集団で歩いて行く事に。それだけに途中2ヶ所も私設エイドがあったのは驚きで本当にありがたく嬉しかった(^^)
02:57 195.5km 玉江駅エイド。
03:28 198.5km CP11浜崎緑地公園。ここを夜間の真っ暗な時刻に走るのは今回が初めて…そのお陰でこの辺りはテンションが高めだったかもしれない。
04:12 203.0km 70kmの部参加のふくまーちさんよりTEL。既に会場到着されて準備中らしい。
「今どの辺りですか?」
「ええと、191号の…萩たなかホテルの前ですね。…あ、真っ暗だ!?閉店しちゃったのかな、ここ?」(昨年7月に休館されたようです、萩たなかホテル(-_-)
04:30 204.5km 明神池。ここから虎ヶ崎までが最も睡魔に苦しめられた辺り。完全に思考が支離滅裂になっており、突然仕事の事を心配し始めたりする。更にはその仕事の不安の要因が何故か全く無関係な目の前のランナーさんだと思い込んで一人で勝手に内心イライラするという何ともアレな状態(+_+)
05:04 207.4km CP12虎ヶ崎(つばきの館) 3回目のカレー。頭はともかく胃は元気だ。外で座ってちょっとだけ仮眠。ここでもっとしっかりと仮眠を取っていれば後々少しはマシになっていたのかも?
05:40 出発。完全に明るくなっている。
07:27 215.7km CP13金照苑(東光寺前)。
07:48 216.6km CP14陶芸の村公園。全チェック完了\(^_^)/
08:35 220.6km 旧村田蒲鉾店エイド。
09:08 223.5km 道の駅萩往還裏。70kmの部6時スタートのふくまーちさん・Hさんがやってきた。やはり早い(・∀・)
09:59 226.9km 明木エイド。
11:01 231.0km 一升谷十合目。この一升谷の上りで足が完全に終わってしまったような状態に思えてくる。暑さもキツくなってきた。また、この辺りから自分の携帯メールの着信音がやたらと鳴っているような気がしてくる…幻聴?
11:38 233km辺り? 折返し後の、ふくまーちさん・Hさんに追い越される。
12:23 236.8km 佐々並エイド。現在の状態の自分が果たして食べられるか不安だったが…やはり佐々並豆腐は最高に美味しかったヘ(^o^)/
ここでの撮影を最後に、もうゴールまで一枚も撮っていない。疲労・足の痛み・思考力低下…。とにかくただ前進のみ。救いはエイド以外で立ち止まらなかった事。そして座りたいとか横になりたいとかリタイヤしようという発想にはならなかった事もだ。(ただし、今自分が何をしているのか、目的は何かを明らかに忘れている状態には時々なった(+_+)
13時台、国道262号線上。後ろから見て明らかに危なっかしかったのだろう、しばらく併走して私に色々話しかけ励ましてくれたランナーさん…250kmの部の兵庫県の方、あなたの心遣い決して忘れませんm(_ _)m (ただし今となっては兵庫県だったのかも今ひとつ自信がない…近畿圏だったのは確かだけど)
13:33 県道62号線に入った辺り。ゴールされているふくまーちさんより着信。
14:33 244.7km 萩往還最高所。ここからの下りの着地の衝撃(特に石畳)に足が悲鳴を上げ更に更にペースが落ちる。
途中、Twitterでフォローさせてもらっている、140km参加のらいもんさんのゼッケン番号が見えたので声を掛け、コース上で初対面。辛かった山道下り坂の中でかなり気持ち的に楽になれた時間だった(^-^)
山道を抜ける直前の最後の石畳の長さは本当に参った…(あんなに長かったっけ?実際に誰かが長くしているでしょ?と言いがかり(--;)
15:27 247.5km 県道62号入り。山道抜け後はアスファルト道路のみ…だが、ここからがやはり長い。
16時過ぎ 250.8km 木町橋北詰右折。苦しんだ。250km初挑戦なのだからキツくて当然なのだけど、前半と終盤の落差が激しかっただけに本当に気持ち的にも潰れそうになった。でもここでの沿道の応援が、「お帰りなさい」の声が、この最高に幸せな時間が全てをチャラにしてくれる。応援の中には先述の兵庫県の方も(T-T)
そして、先にはクラブアクシアンの幟を掲げたふくまーちさんが。
16:20頃 「お待たせしました!」と叫んでからゴール。
感激と悔しさの入り交じった状態。流れるはやはり悔し涙か。
チェックシート確認も無事完了、完踏確定。完踏証とメダルを受け取る。白ゼッケンと共に憧れていた、一回り大きいメダル(^o^)
17:00頃 会場を離れる。市内の宿泊先までの移動は、私の車をHさんに運転して頂く事にm(_ _)m
ホテル到着後、解散。
あー疲れた。おやすみなさい。

スポンサーサイト

2015年05月09日(土) 07:07 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(4)

タグ マラソン レース

完踏は偉業です。藤井商店からのくだりでは、共感できる所がいくつもあり、8年前の記憶が蘇ってきました。( >Д<;)

250キロは酷です、200キロ超えてリタイヤなんてできませんもん・・・。本当に良かったですよ、完踏できて。おめでとうございます。

2015年05月09日23:17 もりもり URL 編集

完踏おめでとうございます。
初めての挑戦での冷静な対応は、超ウルトラ向きですね。
私は今回も先輩に引っ張ってもらいなんとかゴール出来ました。
ちょろさんの意思の強さを感じさせる完踏記を読ませて頂きありがとうございました。

2015年05月10日14:24 ゆきひろ URL 編集

もりもりさん、こんばんは。
さすがにこのコメントにも重みを感じてしまいます。
経験者の立場から、本番前から色々とありがとうございましたm(_ _)m

2015年05月10日19:40 ちょろ合金 URL 編集

ゆきひろさん…ゆきひろ父さん、こんばんは。
今回セミナー会場や仙崎でお会いできて嬉しかったです。
ウルトラ向きと言って頂けるとは…光栄です(^^)

自分の対応というか、事前に予習できた事が完踏できた要因かなと思っています。
その予習ができたのも、これまでの先輩たちの体験談や完踏記があってこそです。
本当にありがとうございました。

2015年05月10日19:51 ちょろ合金 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。