萩往還マラニック挑戦3回目メモ

メモです。備忘録です。自分の為の。
IMG130511ho.jpg

【5月2日】夜、帰省。

【5月3日】
12:00頃 会場の山口市・瑠璃光寺到着、受付を済ます。
 Tシャツは既に売り切れで残念。
15:00 山口県教育会館にて大会説明会。
 140kmの部初参加の方が意外に多いことを知る。
17:30過ぎ スタート地点へ。かなり後ろの方へ並ぶ。昨年と同じ辺りの位置に。

18:15過ぎ 第?ウェーブでスタート。
18:30 2.3km JR山口駅前
18:57 7.1km 椹野川沿い、矢原河川公園折返し。
19:20 10.9km 県道21号線に戻る。日も落ちて暗くなってくる。
19:53 16.0km 国道262号線入り
20:15 20km? コンビニ前通過。多くのランナーがここで休憩中。そういえばここまでずっと道路の反対側にしか無かった気がする…待望のコンビニでもあるという事か。
20:31 21.5kmエイドたそがれ庵 トイレ・給水のみ。
20:59 25.4km 地下道を通り国道2号線横断 県道54号線入り
21:10 27km 佐波地下道を出た直後の交差点。信号待ちでタイガーマスクランナーと遭遇。
21:18 28.0km 天神入口交差点右折。
 ここから絶対に嫌なタイミングで引っかかる信号の連続。毎年の事なのでもう覚悟済み(笑)
21:27 29.3km CP1エイド 英雲荘
 給水、クリームパン等補給。折返し。
21:51 31.9km 佐波地下道を出て少し進んだところに私設エイド。
 特に大会参加者に縁があるわけでないが、近所に住んでいるから…のエイドだそうで<(_ _)>
 梅干しを頂く。
22:00 33.2km 地下道を通り国道2号線横断 国道262号線入り
 鯖山峠。去年はここでは何人も追い越していった記憶があるが、今回は前後に同じペースのランナーが多い状態での上り。
22:28 37.1km エイドたそがれ庵。
 今年も食券未使用、給水のみ。
22:42 39km コンビニで補給。おにぎりとオレンジジュース。
23:15 43.2km 中国自動車道高架下 県道21号線入り。
23:50 48.5km JR山口駅前
 時刻確認。日付がまだ変わっていないので、昨年と同じようなペースであると認識。
 (大会終了後改めて確認してみたところ、昨年より6分程度遅い時刻でここを通過)
23:59 49.6km エイド 山口福祉センター
 荷物受取、着替え、トイレ、補給等。思ったより長居してしまった。

【5月4日】
00:22 山口福祉センターを出発
00:57 54.2km 天花畑
 往還道の本番の山道へ突入
 去年のこの辺りは前後に殆ど人が見えず寂しい状態だったが、今回は割と人が多い…が、多くの方が初萩往還らしくどうも自分が頼られてるっぽい(汗) 誰も何も見えない前方をひたすら照らしながら進む上る。
01:29 56.9km 板堂峠登り口 県道62号線入り
01:59 61.6km 国道262号線入り
02:18 64.7km 佐々並エイド
 人のいる灯りが本当にありがたいと思える時間。ハチミツづけのレモンをおいしく頂戴する。
 ブログ用画像撮影直後、携帯電話にバッテリー切れの表示が。モバイルバッテリーの準備とかで慌てたりで意外とこのエイドで時間を費やしてしまった…(電池切れに関しては誤表示だったらしく充電なしでその後は問題なく使用できた…が、かなり動揺したのは確か)
02:29 65.3km 旧道登り口 山道へ
 今回の萩往還では、コースアウトしそうになる人に自分が声を掛けて指摘するとか、道を間違えて戻ってくる人に遭遇するとかが多かった。特にこの66~68kmの千持峠や新茶屋の山道ではそういう場面が多かった。そういえば昨年自分が迷いかけたのもこの辺りだった…。
 また、この辺りで調子が悪いという感覚に陥る。他の方の「冷えてきましたね」という言葉で、その原因が寒さだったという極めて簡単な事にようやく気がつく。…確かにかなり汗をかいて完全に濡れていて、体温を奪われつつある状態なのかもしれない。装備は一昨年とほぼ同じだがその時はそれ程寒さを感じなかったけれど…。その時はどうあれ、今回は寒さ対策が甘かったという事か。
02:49 67.2km 国道262号入り
02:54 67.8km 旧道入り
03:07 68.7km 国道262号入り 釿ノ切峠
 国道の照明灯でかなり明るい場所。装備替えには絶好の場所でもある(昨年もここでポリ袋を簡易合羽にして着た) 撥水のウェアを取り出して防寒用として上に着込む。元々は雨対策として準備していたもので、本番直前では装備の荷物から外す事も検討していたが、持ってきて正解だった…。
03:21 70.3km 旧道入口
 一升谷へ。
 先ほどまで快調な走りだった人の様子がおかしかったので尋ねると何と灯りの電池切れ。よりによってこの長い長い下りで…。もちろんその方と一緒に走る事にする。
03:29 71.?km 八合目付近にエイドが。昨年と同じ方々が今年も深夜から設営されている私設エイド。熱いお茶が本当に美味しくありがたい…。
 電池切れの人の電池の種類を確認すると単3。それならば私の手持ちの予備も単3ですよということで使ってもらう事にする。いつも必要な物だけと割り切れずに荷物を減らす事が本当に下手な私だけど、今回その余分な物が役に立って他の人にとても喜んで貰えて、自分も何だか嬉しい。
03:53 74.5km 明木エイド
 明木饅頭をバクバクと2個頂く。その間に反対方向からひとりのランナーが。見れば青ゼッケン。140kmの部のトップ通過の選手だった。
 「あの人、行きは0時頃にここを通ったんですよ」とはエイドの方の言葉。レベルの高さに驚く。
 通常の深夜のすれ違いではゼッケンの色まで判別し難いわけで、今回140kmのトップの人と認識できてすれ違うことができたのは中々ラッキーだったのかも。
04:12 76.6km 萩市街地へ抜ける前の最後の山道へ突入。
04:29 78.2km 道の駅「萩往還」裏通過。
04:49 81.2km JR萩駅直前の跨線橋。
 左折のために信号を渡る必要があるが、今年は押しボタン式に変わっていた…青信号に変わるまで結構待たされる。
05:11 84.0km エイド JR玉江駅。
 夏みかんとパン補給。パンはシュガー入り?甘さが凄く美味しく感じられて思わずもう一切れ口にする。
05:41 87km CP2浜崎緑地公園。
05:56 88.5km 国道199号へ合流。
 この辺りから虎ヶ崎までが疲労ピークの第2の波だった。
 酒屋の看板に「自動販売機」の表示が見えて期待して近付いてみれば、本当にお酒の自販機しか無かったのに軽いショックを受ける(笑)
 以降5キロくらい道路の反対側にしか自販機が現れないという嫌な状態が。
06:15 92.2km JR越ヶ浜駅前
06:28 92.7?km 国道を離れて明神池へ向かおうという所でようやく自販機。欲しかった炭酸、適度な量のリアルゴールドを補給。
07:00 95.9km CP3エイド虎ヶ崎・つばきの館
 美味しいのは間違いないので今年はカレーを食べよう…と思ってはいたものの、ここまでの疲労で完全に自分の胃に自信がなくなった結果、今年もうどん。少数派どころか、少なくとも私がいる間うどんを食べている者が自分以外誰もいなかったという…。
07:39 98.0km 明神池
 虎ヶ崎での休憩や補給や薬が効いたのか結構復活の感覚。
08:07 103.2km 無田ヶ原口
08:22 104.2km CP4東光寺
08:33 105.1km CP5エイド 陶芸の村公園
 全チェックを終えて萩市街地を眺める。良い景色。
 トイレ、荷物受取、着替え。予備アクシアンTシャツにアームウォーマー。そして萩往還では初めてサングラスを装備。
09:06 107.0km 萩警察署前交差点
09:19 109km エイド 旧村田蒲鉾店
09:41 112km 道の駅「萩往還」裏
10:09 115.4km 明木エイド
 お茶に明木饅頭が美味しい。
10:16 115.9km 一升谷の上りへ突入。
 途中、見覚えのあるランナー(70kmの部の緑ゼッケン)に追いつかれる。以前の下関海響マラソンのテレビ放送で紹介されていた市民ランナーの方で、当時の持ちタイムが自分と近かった事もあって以降勝手にこっちが注目してた方だった。思わず「山○○○所属の方ですよね?下関海響のテレビ見てましたよ」と声を掛け、少しお話しする。今思えば、あの場においては話の振り方が唐突で相手を戸惑わしてしまったかもと反省。
10:44 118.?km 一升谷八合目付近の私設エイド
 「お茶葉切れです…。今、茶葉調達に向かってるんですが…。代わりに白湯をどうぞ」と、深夜にもお見かけした方。白湯をありがたく頂く。
11:04 121.1km 国道262号線 釿ノ切峠
 この辺りから雨が。スタート前には全く想像していなかった状態。この後、雨に加えて雹まで降ってくるという更に想像を超えた事態に…。
11:17 122.8km 国道から旧道へ入るポイント
 雨で前が見づらいためか、私より離れて前にいたランナーがまっすぐ進んでコースアウト。呼びかけようとするも、雨や車の音にかき消されて自分の声が中々届かない。何度も「こっちですよ―!」と叫ぶ。
11:36 125.3km 佐々並エイド
 萩往還の後半最大の楽しみのひとつ、佐々並豆腐。
 雨も止む。
 「今の時刻にこの場所だったら14時までにはゴールできないねー」という他のランナーの会話が耳に入ってくる。過去の自分の通過時刻とか殆ど頭に入れないまま参加している私はその言葉を素直に受け止め「そうかー、じゃあ去年より記録は落ちちゃうな―、ちょっと残念」と内心思う。
11:49 125.9km 国道262号入り
 終盤の難所のひとつの入口といえるポイント。長く続く上り坂が始まる前の平地はなるべく走っておきたいと思うも、遙か先まで続く道が見える眺めを目にすると上り坂を待たずに心が折れてしまう…というのが過去のパターン。今回も歩きは入ったものの過去2回よりは粘れたか。
12:15 129.1km 県道62号入り
 再び長い単調な上り坂
12:28 130.7km 上長瀬のエイド
 饅頭1個。「持って走りなさい」と更に2個持たされる<(_ _)>
12:56 133.1km 山口市入り 板道峠登り口
 最後の山道へ突入。下りも恐る恐るから始めるも、足はまだまだ大丈夫と確信。気持ちよく駆け下りる。
13:08 134.9km 一ノ坂建場・六軒茶屋跡
 毎年の維新ランナーズさんのエイド
 最後の給水。自分のリュックからマイコップを取り出してくれるというサービスぶりm(_ _)m
13:14 135.8km 天花畑
 最後の山道を抜ける
13:34 139.3km 木町橋北詰
 右折して瑠璃光寺入り口へ向かう、沿道の人からの「お帰りなさい」の声…今年もこの最高に幸せな時間を迎える事ができた。
13:36 瑠璃光寺 ゴール
 今回は厳しいな…と途中何度も思ったけれど、やはり今年も本当に嬉しい、満足のゴール。

16:30頃 実家へ無事帰宅
 洗濯。
 結局今年も酷く汚れてしまったシューズも洗う。(雨の奴め…)
 あー疲れた。おやすみなさい。
IMG130511ho02.jpg

スポンサーサイト

2013年05月11日(土) 09:09 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ マラソン レース












管理者にだけ公開する