下界で休日な日記

久々に走る事と完全に切り離された休日となった先週の土曜日。
だから特に書くような事も無いんですが。

以前友人に読ませてもらって面白くて気になってたマンガを一気買い。
IMG090630sy1.jpg

一気読み。…笑った。
色々笑わせてもらいましたが、一番笑ったというか別の意味でも笑った場面がコレ。
IMG090630sy2.jpg
これは阿蘇での私へ向けられたセリフか?
それとも阿蘇以上の難コースのにちなんおろちで脚の痛みがあるにもかかわらず自己ベストを叩き出したアクシアン代表様へ向けられたものか?

私やふくまーちさんの走っている最中の思いはともかく、知らない人から見たら「苦行スイッチ入れてる」とか「『耐える』コマンドばかり使ってる」とか思われてるのかも。

スポンサーサイト

2009年06月30日(火) 23:56 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(6)

タグ マラソン マンガ

現状

振り返ってばかりでちゃんと報告してませんでした。すいません。

阿蘇で完走した直後は歩くのに苦労する程の足の状態でしたが、現在は回復に向かっております。
まともに生活できております。
ちゃんと通勤して仕事してます。

さすがに走るのは控えております。
我慢の時ですが、何とか今秋での復活を目指します。

シティマラソンの頃には、
逆襲したり、帰ってきたり、怒ったり、第2部スタートしたり、頭に新とか真とか続とか俗とか超とかついたり、お尻に2とかⅡとか通とかセカンドシーズンとか01とかFとかΖとかZとかRXとかネクストとかマックスハートとかついたりして戻ってきます!


レースでまた、お会いしましょう。
IMG090617acm1.jpg
(うっちーさんより頂いた画像です、ありがとうございました)

2009年06月25日(木) 02:09 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(2)

タグ マラソン

エントリーエントリー

6月16日(火)シティマラソン福岡、
6月22日(月)下関海響マラソン、
それぞれエントリー・入金も完了しました。

シティマラソンが10月4日、海響が11月8日。
果たして私の足の回復は間に合うでしょうか。

間に合わなかった場合は、潔く諦めます。
本当です。お約束します。

IMG090623eaa.jpg 「ケガ人は俺だけでいい…」
 そういうわけで、今後アクシアンでケガ人が発生した場合
 私が画像のキャラに変身して
 その人を排除します(?)

2009年06月23日(火) 00:08 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(8)

タグ マラソン レース

阿蘇カルデラ記録、そして

現実から目をそらしてはなりません、
という訳で阿蘇の記録、今回もきっちりと記しておきます。


5km 33′06″
10km 33′09″
15km 34′00″
20km 35′43″
25km 45′51″
30km 36′27″
35km 38′24″
40km 36′21″
45km 32′29″
50km 41′53″ 
55km 44′48″
60km 36′11″
65km 40′48″
70km 44′22″
75km 42′32″
80km 40′09″
85km 44′17″
90km 43′53″
100km 1:29′02″(トータル 13:13′42″)
50km地点 6時間07分29秒
50km地点~ゴール 7時間06分13秒

13時間13分42秒
100km男子総合460位


うっちーさんから頂いた情報によれば95km通過時刻が17時35分らしいので、
95㎞・100㎞のラップタイムはそれぞれ51分・38分という事になります。
あの長い下り坂を全て歩いただけあって95kmのラップタイムが凄いことになってしまいました。




さ、この記録を胸に刻んでまた来年~!

2009年06月18日(木) 00:03 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ マラソン レース

阿蘇カルデラ雑記、後半~ゴール、そして反省

50km過ぎの中間エイド、ここでKスケさんとはお別れであります。
ここからひとり旅。


●去年の初参加の際は、前半の激坂・70km80kmあたりのそれぞれの長い上り・90km前からの激坂下り・その後のラストの長い平地、これらが強烈に記憶に残っていた。強烈すぎてこれら以外の地点を良く覚えていない程。もちろん「良く覚えていない」それらが楽なコースだった訳では決してなく、改めて阿蘇のコースの凄さを思い知る。後半開始早々に。
「あれ? 中間エイド後の上り坂ってこんなに長かったっけ?」

●今年も後半の各エイド、公設・私設共にそのありがたみを痛感する。
特に84km過ぎでのランザエイド。
既に撤収前状態だったにも関わらずわざわざクーラーボックスから取り出してくれて頂いたコーラの美味しさ。(絶対忘れません。ありがとうございました!)

●80km過ぎから最後まで私に伴走して下さったうっちーさん。
もう何度お礼を言っても足りない位お世話になりました。更にレース後その翌日もあれ程お世話になる事になろうとは…。
そのサポートぶりは、他のランナーさんからスタッフと思われて相談で話しかけられる程。

●今回一番うっちーさんに申し訳なかったと感じた場所が、象ヶ鼻からの激坂下り。
私の足の痛みが下り坂が一番ツライ状態になっていて、後ろ向きで走るとか色々試みるもダメ。結局あの長い長い下りを全部歩き。
ここも全部付き合ってくれるうっちーさん。(すいませんでした)

●ラスト8キロの平地は何とか走る…。

●ゴール会場直前の信号待ちで引っ掛かる。2年連続。
これさえなければ、あの○○○番のランナーにゴール地点で邪魔されずに済んでいたかもしれないと思うと悔しい(←まだ根に持ってる)


●感激のゴール後皆さんとしばらくお話して、さあ荷物受取に移動と思ったら…左足が数分前と既に別物に。
この後、そして翌日かなり苦労する事に…。
(あ、dorakuさん、杖ありがとうございました!)


- - - - - - - - - -


前回とは全く違った感激を味わう事になった今年の阿蘇。
苦しみに苦しんだ末の完走の喜びは大きかったです。
多くの方々から「よく頑張った」「感激した」と言っていただき、素直に嬉しかったです。


しかし、その感激に嬉しさに浸っていてだけではダメなのは確かです。

今回は、先月の合宿での悔しさを晴らすため、その意地での完走といえます。
その結果休養状態になっていますが、自分の現状から来る後悔はありません。
ただ、自分の意地の為に多くの方々に心配をさせ色々な方々にご迷惑を掛けた、その事実はちゃんと認識しなければなりません。

正直まだ自分の中で整理がついていません。でも、
「退く勇気を持つ」「勇気と無謀をはき違えない」
これらの言葉についてじっくりと考える休養期間にあてたいと思います。

2009年06月17日(水) 00:01 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(2)

タグ マラソン レース

阿蘇カルデラ雑記、スタート~前半50km

6月6日5時、雨が強くなる中いよいよスタートしたわけですが…


●50km地点過ぎのエイドまではKスケさんと一緒。

●20km地点あたりはランザの応援もあり賑やか。
昨年同様全コースで一番気持ちよく走ることができたポイントだったかも。

●うっちーさんのお出迎えも。とても嬉しかったけれど、このずっと後に更にあれ程お世話になる事になろうとはこの時は想像もできかったなあ…。

●さぁみんさんに抜かれては、いつの間にか追い越していてエイドで再び抜かれる、これを何度が繰り返すというデッドヒート(?)

●後ろからの「松ちゃん!」の超大声に思わず脱力。合宿でお世話になったてれっとクラブのTさん、この人の中でだけはすっかり「私=松ちゃん」で定着してしまった…(-。ー;)
 今回は選手でとしではなく伴走で参加されていた、そのおかげでかこの後も何度も遭遇、その度に「松ちゃん!」の嵐。

●「20km地点で終わる」と宣言していたdorakuさんと、なぜか20kmよりずっと後ろの地点で遭遇。とはいえ「dorakuさんはきっと100キロ最後まで走っちゃいますよ」とKスケさんと共に思っていただけに大して驚かない。しかし流石に「50kmで終わる」との事。
せめて6時間以内に中間点まで行きたいですね、という事で3人でちょいペースを上げるもやはり持たず。50kmの部参加組との遭遇はdorakuさんに託して私とKスケさんはペースダウン。

●この前半はKスケさんが何かと話しかけてくれて、退屈せずに済み精神的にも非常に助かった。
逆に私は早くもいっぱいいっぱいになり途中から殆ど黙りこくってしまう…。(Kスケさん、すいませんでした。そしてありがとうございましたm(_ _)m)
それにしても本当にKスケさんには色々笑わせてもらいました。
「あのXXXX番のランナー、●●する時に絶対○○してますよ」
とか
「その地点までたどり着けばニセ○○○○に会えるんですね」
とか、名言続出。…すいません、全然意味が分かりませんよね。ちょっとココで分かるように書ける内容ではないです(笑)
あと、アクシアンオリジナル(?)の掛け声も阿蘇で披露。私も1回だけお付き合いしたけど、ちょうどさぁみんさんに追いつこうかというタイミングで、さぁみんさんに変な目で見られてしまう(?)

2009年06月16日(火) 00:46 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ マラソン レース

阿蘇カルデラ雑記、前日~スタート前

既に記憶がかなり曖昧であります…。
とりあえず思い出した事だけでもメモとして残しておきます…。



●6月5日16時頃ゴール地点側会場に到着。
受付で少し待たされる。100キロの前日受付者の数が主催者側の予想を上回っていたから、らしい。
とは言えそんな大きな混乱があった訳でもなく、5分程度待って無事前日受付完了。
…お、荷物預け用のランドリーバッグが昨年のに比べて遥かにグレードアップしている。

●公家侍さんも到着、受付完了。
車中泊同士、車を並べ、明日の準備。
時々、ガンダムの話で盛り上がりながら。
時々、「明日そんな事言っちゃダメですよッ!(笑)」と釘を刺しながら。

●22時台、ツヨシさんKスケさん到着。
到着後すぐ、いい勢いで飲むツヨシさん。いい勢いで食べるKスケさん。
4人で談笑していると、全員の携帯にほぼ同じタイミングでメール着信が。
送信者はふくまーちさん。阿蘇へ挑む我々への激励メール。
後から聞いた話によれば「スタート前の時間に送信設定するつもりが誤ってこの時間に送信してしまいました」との事。
バカ話していた私たちはともかく、別の場所でメール受信した方々は結構お怒りだったそうで…(笑)
IMG090612acm1.jpg

●6月6日02時台、起床。当然真っ暗。
意外だったのが、大会当日になっても駐車場が結構空いていた事。
ゴール側会場は前日から駐車場がいっぱいになる、と聞いていて覚悟してたけどちょっと拍子抜け。
今回自分たちが使用した場所は穴場だったのか? 会場すぐ近くの大会公式の駐車場なんだけど。

●3時半過ぎ、バスでスタート会場へ移動。
dorakuさんも合流し、アクシアンメンバーで記念撮影。
この時点ではまだ宮崎のアクシアンメンバー・あおぞらさんと会えず。
アクシアンの青Tシャツで揃っていればすぐ合流できると思っていたけど考えが甘かった…。
「どこそこで」記念撮影しましょう、と事前にしっかり告知すべきでした。反省。
IMG090612acm2.jpg

●スタート地点へ移動してしばらく待機していた我々の元へ青Tシャツ姿の長身の男性が。
あおぞらさん、初めてお会いできました!
本日の目標タイム等を語り合いながらスタート時刻の5時を待ってる間に雨が。
しかも結構本降りっぽく。
「参ったなあ、今回は悪天候の中の100キロか」と思ったものですよ、この時は…。

2009年06月12日(金) 23:00 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(2)

タグ マラソン レース

3回泣いた

今年の「阿蘇カルデラスーパーマラソン」は前回以上に苦しいものとなりました。
今から考えれば、左足故障明けの練習不足の中で挑んだわけですから当然なのですが。
それでも「最初からゆっくりでいけば何とかなるさ」という考えで行っていました。
…やはり阿蘇を甘く見ていました。昨年の初挑戦でのサブ10完走の驕りもあったのかもしれません。


実は途中自主リタイヤも本気で考えました。何度も何度も。

前半50kmあたりまでは違和感だけだった左足も後半突入後徐々に痛みを感じ出し。
下り坂が特に痛い。
歩くより走っている時の方が痛みに関しては楽。
…こんな状況でペースも落ち込み出し段々弱気に。
このままだと制限時間完走もムリかも。それならばもうこのままリタイヤしてもいいのでは、という考えが頭の中で支配的に。

しかし、リタイヤを思い留めさせたのは、1ヶ月前のこの阿蘇での悔しい思いでした。
「先月の阿蘇合宿で自分は早々にケガをして距離も踏めずに終わった。ここでリタイヤしたら今回また何も得られずケガをして帰るだけの阿蘇に終わってしまう…そんなのは嫌だ」
そんな思いがなんとか前へと進めてくれました。

72.5km地点の関門を過ぎてしばらく進んだ頃だったと思います。前方から見覚えのある人の姿が…。
うっちーさんでした。
今回は応援ランで逆走しながらお仲間を激励されていたのです。
精神的にかなりやられていた私は、この時点で思いがけず出会えた知り合い・力強い仲間の姿を確認した瞬間、思わず泣いてしまいました。
今となってはうっちーさんにこの時泣きながら何を言っていたか良く思い出せません(^^;)
足の痛みとうっちーさんに出会えた喜びを訴えていたのだけは確かなのですが。


そして、84km地点付近にて再び泣いた私。
クラブランザの応援の方々が待って出迎えて頂いていたからです。
(この時点で、ランザ関連の知り合いのランナーでは私が最後尾ランナーになっていたのです)

この辺りで逆送でのお仲間の確認を終えたうっちーさんが引き返して私に追いつかれ、ここからずっと私に伴走で付き合って下さいました。
本当に心強かったです。
(おかげで完走できました、ありがとうございました!)

そして…
色々な場所で出迎えて下さるランザの方々に感謝しつつ、ゴールへ。

達成感、苦しみからの開放感、想像していたよりも遥かに時間がかかってしまった悔しさ、何よりも応援してもらった人たちへの感謝の思い…色々な感慨が入り混じったゴールになりました。
この日3度目の泣きです。
ゴールで出迎えてくれた、dorakuさん、公家侍さん、ツヨシさん、Kスケさん、あおぞらさんらクラブアクシアンの仲間、おっちゃん2722さん、おにぎりせんべいさん、皆さんと握手を交わしながら涙が止まりませんでした。
私は泣き虫ですが、それでもさすがに大人になってからは人前で泣く事もほとんどなくなっていました。マラソンを始めてから感動で涙が出る事もありましたけど、それでもホロリジワリな程度でした。
それがこの日は、ボロ泣きでした。しかも3回も。

今回の私の完走は、皆さんの応援無しにはあり得ませんでした。
これほど仲間の存在を力強く感じた日はこれまでありませんでした。
本当に感謝の言葉しかありません。
改めまして、皆さん本当にありがとうございました


ここまでいい事ばかり書いてきたので、最後に人間としての器が小さいような事をちょっとだけ。
私の前にゴールしたランナーがその場で立ち止まって知り合いと話を始めたのにはちょっとだけムカついたぞー。
こんな事ならゴール直前だろうがお構いなしに追い越してやればよかった。(←それはどう考えても無理でしたけどね)

IMG090610acm.jpg

2009年06月11日(木) 01:51 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0)

タグ マラソン レース

何とか…!

20090606225729
阿蘇カルデラ、何とか完走しました。
13時間13分42秒。たっぷり時間をかけて先月の阿蘇へのリベンジ完了です。

今日は、一緒にレースに参加したラン仲間の皆さん、色々な形で応援頂いた方々、全ての人に大感謝な1日になりました。
ありがとうございました!

2009年06月06日(土) 22:57 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(20)

タグ マラソン レース

無事私の手へ

IMG090604adcd.jpg
参加通知証、無事届きました。
後は、私が行って走るだけです。


 自分が瞬間ごとに
 決断するそのすべてで
 未来は理想にも絶望にも
 変わってゆく だからきっと
 信じた道走れ

今日はディケイドの主題歌で気合入れ。

2009年06月04日(木) 00:49 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(2)

タグ マラソン レース 仮面ライダー 特撮

君も今 挑戦者

いよいよ今週末が阿蘇本番。
でも今ひとつ緊張感ナシ。その理由のひとつは、大会の選手証がいまだに手許に無いからです。
実家には届いていているのですが、その転送で色々トラブルがあったみたいで。明日にはきっと届く、と思います。

とりあえずは昨年の完走証を拝んで緊張感を高めよう。
IMG090603ab.jpg
これを眺めるたびに1年前の苦しみや喜びが自分の中でリアルに蘇ってきます。

…でも、ぜーんぶリセット!

この大会を初参加の気持ちでまた挑めるようになったのだから!…この今の自分の状況をあえてプラスに解釈です。
だからリセット。新たなる挑戦者として完走を目指します。

「どこまで走れるんだろう 確かめたいよ この力の限りまで」
ボウケンジャーのエンディングテーマのフレーズを胸に、今週末阿蘇へ挑みます。

2009年06月03日(水) 01:00 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(6)

タグ マラソン レース